• i005:高低差5mのアプローチ

    2013年12月23日 [アプローチのアイディア, ウッドデッキのアイディア, スペックのアイデア]

     

    お客様からの希望
    ★門から玄関までの高低差が5m。これを自然な形でエントランスを造ってほしい。
    ★自転車の出し入れも考えてほしい。
    ★庭に、ウッドデッキを作りたい。

     

    お客様の環境条件
    ★5mの高低差をどのように処理するか。現状は、道路面からすぐに急勾配で3mから3.5m上がって、途中からゆるい勾配になっていました。
    ★自転車を上に持って行く為には、スロープを造らなければならない。どの様に造るか?
    ★ウッドデッキの大きさ・形をどうするか。アプローチ・園路の取り方をどうするか。
    設計案

    i05-01

    ・大幅な地形の変更は、費用もかかり、工事も大変になるので、
    既存の状況をベースに設計させていただきました。
    ・入口部分は門扉を作り、少し余裕を持ったデザインにしま
    した。

    ・階段は15cmの蹴上げ、30cmの踏み代にして、ゆったり昇れ
    るようにし、8段ごとに踊り場を設け、階段のきつさを少し
    でも和らげるように工夫しました。階段部分だけで、3m60
    cm上がる事ができました。

    ・一つのスパンで1m20cm上がるので、階段脇の花壇も2段に
    分け、圧迫感のない様にしてあります。また、花壇を左右に
    振ることにより、階段が一直線にならないようにしました。
    万が一、事故が起きても一気に下まで落ちないように配慮し
    てあります。

    ・自転車のスロープは右利きのお客様に合わせて、右側に作ってあります。左側には手すりを
    付け、昇りやすいようにしました。

    ・下部階段は、機能中心に直線としました。上部階段は、勾配がゆるくなりますので、遊びを
    入れてRを取り入れレンガで造りました。Rは、上部の門扉の周りの裾壁にも取り入れてあり
    ます。また、門の内側のアプローチ床も曲線を使いました。また、植木によって玄関が直接
    目に入らないように計画しました。

    i05-02

    ・ウッドデッキは、広い方が利用しやすいので、可能な範囲で広く作りました。

    ・植栽等の関係で、角を切ったり、渡り廊下状にしたりしてあります。

    ・勝手口側の階段は、段の途中から洗い場が使えるよう、わざと広くしてあります。

     

    完成写真

    『アプローチ』

    ・遊びを入れた、Rの入った上部の階段です。レンガがやわらかい雰囲気を
    演出してくれています。

    ・右手が自転車用のスロープ、左手に手すりがあります。左右の花壇にどの
    ような草花が入るのか楽しみです。

    ・数段毎の踊り場は、万が一の事故を軽くできるよう作ってあります。

    ・一番下の門扉です。ゆったりとしたデザインに仕上がりました。

    i05-p01  i05-p02  i05-p03

    ・お庭部分は、ウッドデッキを広く取り、お部屋の中から、外へ出やすく
    作りました。園路とデッキの間に、樹木を植え、目隠しになるように作
    ってあります。

    ・デッキからの階段は、広めに取り、ステージ状にする事で安全性を高め、
    洗い場を横からも使えるようにしてあります。

    i05-p04  i05-p05